有料会員限定

地域版電子通貨の可能性 岐阜県・飛驒高山が一躍脚光

印刷
A
A

電子通貨への対応を急ぐのはメガバンクだけではない。地方の金融機関も地域版電子通貨を発行し、新しい収益源の可能性を模索している。

大ヒット映画『君の名は。』の舞台として知名度が上がり、国内外からの観光客が急増している岐阜県・飛驒高山地域。この地域に根差している飛驒信用組合(通称ひだしん)が、今年11月をメドに地域版電子通貨「さるぼぼコイン」を発行する。「さるぼぼ」とは、この地方に昔からあるサルの赤ん坊を模した赤い人形のこと。街中や土産物店で頻繁に目にする地域のシンボルだ。地域金融機関初の試みということで、全国から視察団が訪れている。

地域のシンボル「さるぼぼ」

開始当初の加盟店は約100

さるぼぼコインは、スマートフォン上のアプリに現金をチャージし、加盟店の店頭にあるQRコードを読み取ることで利用できるサービスだ。具体的には、スマホの画面でユーザー自身が支払う金額を入力し、決定ボタンを押せば決済が完了する。加盟店の対象エリアは飛驒市、高山市と白川郷で有名な白川村の3カ所で、開始当初の加盟店数は約100を見込んでいる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼロから分かるビットコイン
中国当局がリスク封じ
ヒカル騒動で注目された“個人版ICO“
ICOは事業開発の民主化か
あなたは理解できますか?
»»Part3 仮想通貨 新潮流
岐阜県・飛驒高山が一躍脚光
三菱は「MUFGコイン」、みずほは「Jコイン」
株式市場でも話題沸騰
金融庁幹部に聞く「頭ごなしに規制はしない」
「仮想通貨ビジネスで断トツになる」
»»Part2 仮想通貨 大バトル
見極め難しい未公開コイン
最終的には投資家の自己責任
利用は訪日客より日本人
資本流出、マネーロンダリング…
話題のテーマを総まくり
経験者が明かす売買のコツ
ビットフライヤー、コインチェック
あなたにもできる!
マンガ解説
ゼロから分かるビットコイン 爆騰の深層
»»Part1 仮想通貨 超入門
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内