有料会員限定

新たな錬金術か、ICOブームが日本に上陸 »»Part3 仮想通貨 新潮流

印刷
A
A

「日本語の資料もアップするからサイトで見てね!」

10月中旬、都内のイベントスペースで海外のベンチャー企業を招いたイベントが開かれた。来日したベンチャー企業は、いずれもICO(イニシャル・コイン・オファリング)を実施中か、今後予定している企業である。

新しいウェブブラウザシステムや送金・決済システム、ホワイトハッカー(善良なハッカー)を取り込んだサイバーセキュリティスキームなどなど、外国人のベンチャー幹部らは、50人前後の来場者を前に計画中のサービス内容を熱心に説明した。

従来の資本市場の枠組みにとらわれない資金調達手段として、世界的に注目を集めているのがICOだ。ウェブサイト「コインスケジュール」の集計によると、2017年に入ってグローバルで30億ドルを超える資金がICOで調達された。上位では2億ドル超の案件もあり、存在感が高まっている。

株を売り出すIPO トークンを売るICO

ICOを日本語に訳すと「新規コインの売り出し」となる。ここでいうコインは、ICOの世界では「トークン」と呼ばれ、日本の資金決済法で定義された仮想通貨(→関連記事へ)とは違うという点に注意する必要がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ゼロから分かるビットコイン
中国当局がリスク封じ
ヒカル騒動で注目された“個人版ICO“
ICOは事業開発の民主化か
あなたは理解できますか?
»»Part3 仮想通貨 新潮流
岐阜県・飛驒高山が一躍脚光
三菱は「MUFGコイン」、みずほは「Jコイン」
株式市場でも話題沸騰
金融庁幹部に聞く「頭ごなしに規制はしない」
「仮想通貨ビジネスで断トツになる」
»»Part2 仮想通貨 大バトル
見極め難しい未公開コイン
最終的には投資家の自己責任
利用は訪日客より日本人
資本流出、マネーロンダリング…
話題のテーマを総まくり
経験者が明かす売買のコツ
ビットフライヤー、コインチェック
あなたにもできる!
マンガ解説
ゼロから分かるビットコイン 爆騰の深層
»»Part1 仮想通貨 超入門
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内