有料会員限定

サラ金より「ヤバい」銀行カードローン »»Part1 気がついたらもう借金苦だった

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19
拡大
縮小

過剰融資、多重債務の新たな温床に

特集「新 借金地獄」の他の記事を読む

今年62歳になる東京・世田谷区在住の山口明子さん(仮名)はその日、わらにもすがる思いで三菱東京UFJ銀行の支店に足を踏み入れた。

まさかこの大銀行が、消費者金融2社からの借金で破綻寸前の自分にカネを貸すとは到底思えなかった。しかし3月23日の時点で、アコムとプロミスからの今月分の返済期日が8日後に迫っており、ほかに手立てはなかった。

返済資金を工面するべく、別の消費者金融にも掛け合ったものの、融資は下りなかった。2年前に勤め先を定年退職してからも契約社員として働くことはできていたが、月収は8万円に激減していた。貸金業法上、消費者金融では年収3分の1超は借りられない「総量規制」という規則がある。山口さんは消費者金融2社からすでに200万円を借りていた。

「三菱東京UFJ銀行のカードローンはダメ元でした」と山口さんは振り返る。だが銀行は即日で限度額20万円、年利14%での融資を決めた。

その日行ったことといえば、小さな無人のブースの中で個人情報を記入し、免許証のコピーを送り、希望する融資額を伝えたことぐらいである。収入証明書の提出も不要だった。1時間ほどで「審査を通りました」との回答とともに、ブースの自動出し入れ口からカードローン用のカードが押し出され、こう説明された。「すぐにご利用いただけます」。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
新 借金地獄
解決策があることも・・・
人気借金相談サイト管理人が教える
法律家は見た!
オレと借金(2) 元関脇 貴闘力・鎌苅忠茂
»»Part2 借金に押し潰されない生き方
オレと借金(1) 作家・西村賢太
予想外の収入減で苦境に
10代女子がこっそり服を大人買い
生きる手段はこれだけ その現実が苦しい
追い詰められた若者たちをどう救う(2)
追い詰められた若者たちをどう救う(1)
学生街・高田馬場で学生ローンが復調
"親バレ"せずに無担保融資の誘惑
日本学生支援機構の関係者が語る独法化以降
制度の概要と注意点は?
返したくても返せない
貸金業協会会長の発言が波紋広げる
»»Part1 気がついたらもう借金苦だった
普通の日本人でもいつの間にか借金苦に
新・借金地獄
銀行カードローン、奨学金、住宅ローン…
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内