バターが足りない!クリスマスに間に合うか 

酪農減少が止まらぬ限り、問題は解決せず

農水省は現在、効率化に必要な機械のリースや、牛舎の新設にかかる費用の補助など、新たな対策を検討している。畜産経営学が専門の小林信一・日本大学教授は、「生産者の所得を安定的に保障する制度を法律で作るべき」と指摘する。国と生産者らが掛け金を出し合い、餌代の高騰などで収益が一時的に悪化した場合の損失補填などが想定されるという。

斉藤さんは訴える。「補助金がなくてもやっていけるような状況を目指すには、経費増加分をきちんと転嫁できる仕組みが必要。小売りや消費者にも理解を求めたい」。

国産が足りないなら輸入で補えばいい、という意見もあるだろう。とはいえ新興国を中心に乳製品の需要は高まるばかりで、世界的にも需給が逼迫傾向にある。生産者、消費者双方から見て、納得のいく解決策が求められる。

 「週刊東洋経済」2014年12月20日号<12月15日発売>掲載の「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。