有料会員限定

ユニーファミマ上田社長、電撃辞任の真相語る 統合わずか半年、なぜ今か(ロングバージョン)

印刷
A
A

経営統合からわずか半年で突然の辞任。決断の背景に何があったのか。

ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)の上田準二社長が電撃辞任を表明した。なぜこのタイミングで辞任するのか。筆頭株主である伊藤忠商事との関係や、コンビニエンスストア、総合スーパー(GMS)の行く末について上田社長に聞いた(『週刊東洋経済』よりロングバージョンで収録)

うえだ・じゅんじ / 1946年生まれ。70年伊藤忠商事入社。99年食糧部門長補佐、CVS事業部長。2002年ファミリーマート社長、13年同会長。16年9月、ユニー・ファミリーマートホールディングス設立と同時に社長に就任するも、17年2月末での辞任を発表した。(撮影:梅谷秀司)
上田社長は3月から全国各地で始まる加盟店説明会を回り、自ら辞任理由を述べるという

──統合会社の社長就任からたった半年で辞任となる。

5月の株主総会まで待つことも考えたが、3月1日には新年度が始まる。ユニーとファミリーマートにとって重要な年だ。経営トップが代わるとわかっているまま、第1四半期を過ごすのはよくない。

いろんな人から、「病気になったのか」とか「伊藤忠とけんかしたのか」と尋ねられた。「本音を聞かせて」とか。でも本当に記者会見でお話ししたとおりなんだ。

昨年末に70歳を迎えた。以前から古稀を迎えたら会社人生に区切りをつけようと思っていた。すべては自分で決めたことで、本当に私の「一身上の都合」。期待したせりふは出てきませんよ(笑)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内