有料会員限定

最後の砦メルケルの勝算 ドイツ

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小
4選を果たせば、首相在任期間はコールと並ぶ「最長不倒」となる(Carsten Koall/GettyImages)

特集「混沌へと向かう未来」の他の記事を読む

ドイツ連邦政府の首相アンゲラ・メルケル(キリスト教民主同盟・CDU)は2016年11月20日のベルリンでの記者会見で、17年9月に行われる連邦議会選挙に、首相候補として再出馬することを発表した。メルケルが4選を果たして、21年まで首相を務めれば、その在任期間は16年に達する。年数においては、「最長不倒」を誇ったヘルムート・コールと並ぶ。

首相在任11年のメルケルは、EU(欧州連合)の首脳の中で並ぶ者のない多くの経験と影響力を持つ。EU主要国の指導者が次々に政治の表舞台から去っていく中、メルケルだけは欧州政局の奔流の中で、仁王立ちしている。

メルケルは再出馬の理由として、ブレグジットや米国でのポピュリストの大統領就任、イスラムテロの頻発など、世界各地でこれまでになかった事態が起き、市民の不安が高まっていることを挙げた。「私がこの困難で不安に満ちた時代に、これまで積み重ねてきた経験と能力を再び首相として生かさなかったら、多くの人が私の態度に理解を示さないでしょう。したがって私は、もう一度首相の座を目指すべきだと決心したのです」。今の時代、「安定と継続」は市民・企業にとって貴重だ。メルケルは「私は市民に安心感を与えることができる」と主張しているのだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内