有料会員限定

吉か、凶か!? トランプノミクス 米国・経済

印刷
A
A

特集「混沌へと向かう未来」の他の記事を読む

2016年12月14日、FOMC(米国連邦公開市場委員会)は1年ぶり2度目の利上げを決定した。声明文には従来同様、「金融政策は経済指標次第」だが、「現時点では、ゆっくりと利上げを行う環境が続く」との見方が示された。

しかし17年の米金融政策は、経済指標次第というよりもトランプ新政権の動向次第といったほうが的確であろう。トランプ新政権の姿勢いかんで金融市場が大きく動き、マクロ経済に影響を及ぼし、FOMCはそれに追随せざるをえないからだ。

FRB(米国連邦準備制度理事会)のイエレン議長(写真中央)は2017年に政治からの逆風を受ける可能性がある(AP / アフロ)

トランプ新政権下の米国経済には二つの大きく異なるシナリオが併存する。一つは市場の期待どおり、財政政策と規制緩和というトランプノミクスが景気を押し上げるというものだ。好循環が起きれば、潜在成長率も高まりうる。もう一つは、新政権の保護主義が頭をもたげるシナリオである。われわれはレーガノミクス、双子の赤字、ドル高からドル安への変動、そして通商摩擦と世界経済が大きく揺れ動いた1980年代の再現を目にすることになるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内