有料会員限定

変わり続ける強者を覆うネット時代の内憂外患 リクルートの七変化

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小

電通以上の収益力を持つリクルート。だが、その高収益モデルも決して安泰とはいえない。

駅に設置された『L25』のラック。屋外も巻き込んだ広告展開がリクルートの強みだ

特集「大激震!広告サバイバル」の他の記事を読む

5月末、首都圏の駅構内のあちこちで「パナソニック」の文字が躍った(上写真)。といっても、単なる壁広告ではない。リクルートの若者向けフリーペーパー『R25』と『L25』のタイアップ版(広告主による広告買い切り版)が発行されたのだ。同誌が柱巻きのラックに設置されると、通勤途中の男女が次々とやってきて抜いていく。

毎週木曜日(買い切り版は月曜日)に発行される『R25』はわずか3日間で、60万部がはける「お化け」雑誌。無料誌にもかかわらず、大手企業を広告ターゲットとした点でも異例といえるが、『R25』の特長はそこにとどまらない。

「読者の多くは通勤途中に『R25』をピックアップする“マイラック”があり、1週間に5日、計10回通り過ぎるたびに自然と目をやる。そこへ広告を入れる効果は大きい」と、同誌の広告販売を手掛けるリクルートと電通の共同出資会社メディア・シェイカーズの笠松良彦社長は力説する。広告主の社名が入った雑誌をラックに並べて設置し、電車内の中吊り広告とも連動――。『R25』が目指すのは屋外も巻き込んだ「巨大メディア」の展開だ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大激震!広告サバイバル
苦境に立つアメリカ広告業界
エクスポ・見本市の栄枯盛衰
倒産件数は増加の一途
【広告進化論2】OOH広告
【広告進化論1】デジタルサイネージ
【広告進化論3】DM(ダイレクトメール)
[匿名座談会]広告業界 若手・中堅社員の本音トーク
口コミ(バズ)の落とし穴
[INTERVIEW]本田哲也 ブルーカレント・ジャパン代表
ネット広告の最前線
無傷のヤフー
[INTERVIEW]江副浩正
リクルートの七変化
社内では意外に評価されていない!?
広告市場“激変"の震源地【スポンサー編】
[INTERVIEW]佐藤可士和
知られざるPR会社
マス不振でプライド捨て小口営業で地べたをはう
電通vs.リクルートvs.ヤフー
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内