有料会員限定

気づけば、広告の“覇者" 秘訣は既存媒体との共存 無傷のヤフー

印刷
A
A

コンテンツは作らないが、今や最強の広告メディア企業――。唯一の死角は独り勝ちの行き過ぎか。

今年4月、テレビ向けポータルサイト立ち上げも発表

特集「大激震!広告サバイバル」の他の記事を読む

「ヤフーはITに強いプラットフォームの会社。コンテンツに強いパートナー会社さんにはどんどん当社の技術を使ってもらいたい」――。5月21日、東京都内で開かれた日本雑誌広告協会の講演会で、ヤフーの井上雅博社長は、こう出版関係者に呼びかけた。

総崩れともいえる広告・メディア業界。その中にあって、唯一ともいえる好業績を上げ続けているのが、ヤフーだ。既存メディアはおろか、他のポータルサイトなどネットメディア各社が、いずれも業績を落とす中で、ヤフーは前2009年3月期も過去最高益をたたき出した。同期に営業利益が前期比約3割減となった電通、リクルートとは対照的だ。

ヤフーの広告事業は、全売上高の5割強を占める最大の収益部門。前期は、売上高が1638億円と前期比25%増、営業利益が734億円、同13.5%増という高成長をキープ。

さすがに不況色が強まった09年1~3月期は前年同期比4%弱の増収にとどまり、09年4~6月期も、ヤフーは広告事業が前年同期比マイナス成長に陥る可能性もあるとアナウンスする。しかし、これは最も悪いシナリオでの想定。なおプラス成長を維持する可能性は少なくなく、テレビや新聞広告の2~3割減など業界環境を考えれば、なお好調と言っていいだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
大激震!広告サバイバル
苦境に立つアメリカ広告業界
エクスポ・見本市の栄枯盛衰
倒産件数は増加の一途
【広告進化論2】OOH広告
【広告進化論1】デジタルサイネージ
【広告進化論3】DM(ダイレクトメール)
[匿名座談会]広告業界 若手・中堅社員の本音トーク
口コミ(バズ)の落とし穴
[INTERVIEW]本田哲也 ブルーカレント・ジャパン代表
ネット広告の最前線
無傷のヤフー
[INTERVIEW]江副浩正
リクルートの七変化
社内では意外に評価されていない!?
広告市場“激変"の震源地【スポンサー編】
[INTERVIEW]佐藤可士和
知られざるPR会社
マス不振でプライド捨て小口営業で地べたをはう
電通vs.リクルートvs.ヤフー
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内