有料会員限定

バブル懸念に人口減、リスクとの向き合い方 ご意見番・さくら事務所の長嶋修氏に聞く

印刷
A
A

不動産コンサルタント 長嶋 修

ながしま・おさむ●1967年生まれ。99年個人向け総合不動産コンサルのさくら事務所を設立、現会長。政策提言も積極的に行い、著書・メディア出演も多数。(撮影:梅谷秀司)

特集「不動産投資 勝つ人 負ける人」の他の記事を読む

東京都心部のマンションの価格は、所得が伸び悩む庶民には手の届かない水準に上がり、利回りも低下した。今年1~8月の契約販売戸数は1992年以来の低水準を記録している。これらをもって「今の日本の不動産市況はバブルで、やがてはじける」との論調が見られる。

しかし現状はとてもバブルとはいえない。第一に国際的な比較でわかる。ロンドンや香港の不動産価格はもっと高く、東京の2~3倍はする。アジア各国のマンション投資利回りと比較しても日本は真ん中程度だ(図表1)。第二に、今の市況は東京の一部マンションが高騰しているだけで、他のエリアの価格上昇幅は比較的穏やかだ(図表2)。

[図表1]
[図表2]

 

ここ数年の価格上昇は、相対的に割安に放置されていた東京都心部の不動産価格が、ほかの先進国の主要都市の水準に追いつこうとしたものだと理解するべきではないか。

価格調整は起こるが、あっても5~10%程度

ただ、いずれ価格調整は起こるだろう。東京都心にはチャイナマネーや相続税対策の資金が流れ込んできたが、円高に転じたことなどからそれらは一服している。マンション在庫が増えていることもある。ただ、価格調整が起こっても5~10%程度の下落だと思われる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産投資 勝つ人 負ける人
貸会議室、トランクルームにコインパーキング
「手間なし」をうたうが賃料減額や契約解除も
全額借り入れは赤字懸念。税額低いならやるな
空室・滞納リスクにはどう対応すればいいのか
ケーススタディ上級編、不動産へ逆張り投資術
不動産投資の学校のナンバーワン講師が教える
ケーススタディで読む都心の不動産の目利き
達人投資家に聞く、投資力を高める実践知
主要都市不動産利回り・価格リスト[地方]
主要都市不動産利回り・価格リスト[近畿圏]
主要都市不動産利回り・価格リスト[首都圏]
手元資金少ない手軽さがウリだが、儲からない
バブルや不良債権問題にはならないとの見立て
お堅い静岡銀行が変心、西武信金も積極的
降格、休職などケーススタディで読む出会い
アンケートでわかった高利回りへの積極姿勢
ご意見番・さくら事務所の長嶋修氏に聞く
不動産投資ブーム最前線、価格上昇一服の声も
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内