有料会員限定

彼らが不動産投資に踏み切った意外な理由とは 降格、休職などケーススタディで読む出会い

印刷
A
A

降格、左遷、病気──。安泰のようで、実はサラリーマン生活もリスクが多い。このリスクに直面したとき、人は不動産投資に活路を見いだす。

特集「不動産投資 勝つ人 負ける人」の他の記事を読む

「あのときまでは、いい感じの会社人生でした」

神奈川県在住の谷口栄介さん(仮名、以下同じ)。東京都内の大学を卒業し、29歳のとき中小電機メーカーに転職した。営業職として社長に認められ、32歳でマネジャーと同格のポストに抜擢された。

だがそれから1年後、谷口さんの会社人生は暗転する。経営者が替わったのだ。当初は後任社長からも気に入られ、しばしば意見を求められていたが、いつの間にか会話はなくなった。

「私は、違うと思ったらハッキリ言う性格。どこかでしゃくに障ることを言ってしまったようだ」

谷口さんはまったく経験のない購買・調達部門に異動になった。マネジャー級から平社員へ異例の2段階降格となり、年収は600万円台から400万円台にダウンした。

最初は実力で見返そうとした。購買の仕事を必死に学び、職場からも認められるようになった。だが、トップの評価は覆りそうもなかった。

会社人生に希望を見いだせなくなった。転職には年齢がいっている。しかし会社依存からは脱却したい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産投資 勝つ人 負ける人
貸会議室、トランクルームにコインパーキング
「手間なし」をうたうが賃料減額や契約解除も
全額借り入れは赤字懸念。税額低いならやるな
空室・滞納リスクにはどう対応すればいいのか
ケーススタディ上級編、不動産へ逆張り投資術
不動産投資の学校のナンバーワン講師が教える
ケーススタディで読む都心の不動産の目利き
達人投資家に聞く、投資力を高める実践知
主要都市不動産利回り・価格リスト[地方]
主要都市不動産利回り・価格リスト[近畿圏]
主要都市不動産利回り・価格リスト[首都圏]
手元資金少ない手軽さがウリだが、儲からない
バブルや不良債権問題にはならないとの見立て
お堅い静岡銀行が変心、西武信金も積極的
降格、休職などケーススタディで読む出会い
アンケートでわかった高利回りへの積極姿勢
ご意見番・さくら事務所の長嶋修氏に聞く
不動産投資ブーム最前線、価格上昇一服の声も
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内