有料会員限定

不動産購入後を左右する管理会社の賢い使い方 空室・滞納リスクにはどう対応すればいいのか

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
拡大する
イラスト:熊野友紀子

特集「不動産投資 勝つ人 負ける人」の他の記事を読む

不動産投資において購入後の大敵ともいえるのが、入居者が集まらない空室と、家賃が支払われない滞納だ。自ら物件を管理しないかぎり、賃貸管理会社に入居者の募集・審査や家賃の集金代行などを依頼することになる。ただ管理会社の選び方を誤ると、空室と滞納の2大問題を自ら招きかねない。

「待てど暮らせど部屋が埋まらない。家賃収入がないままローン返済が始まって、かなり焦った」。そう振り返るのはサラリーマン兼業投資家の辰実健さん(36。仮名、以下同じ)。今年2月から5月にかけての経験を語ってくれた。

付き合いで選んだ結果 4カ月間空室に苦しむ

辰実さんは約1億円を投じて今年2月、神奈川県内にアパート1棟(10戸)を建築した。賃貸市場は春に繁忙期を迎えるが、2月ならまだぎりぎり入居者募集も間に合うとの算段だった。管理会社は自ら探したのではなく、知人から「ここにしてやってくれ」と付き合いで頼まれた会社だった。

ところが入居者は一向に決まらない。やがてアパートの引き渡しを終え、月30万円強のローン返済が始まった。辰実さんはほかにも投資物件を保有しており、そこからの賃料収入があるとはいえ、さすがに月30万円は大きな痛手。しかも募集のための広告費も支出する必要がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
不動産投資 勝つ人 負ける人
貸会議室、トランクルームにコインパーキング
「手間なし」をうたうが賃料減額や契約解除も
全額借り入れは赤字懸念。税額低いならやるな
空室・滞納リスクにはどう対応すればいいのか
ケーススタディ上級編、不動産へ逆張り投資術
不動産投資の学校のナンバーワン講師が教える
ケーススタディで読む都心の不動産の目利き
達人投資家に聞く、投資力を高める実践知
主要都市不動産利回り・価格リスト[地方]
主要都市不動産利回り・価格リスト[近畿圏]
主要都市不動産利回り・価格リスト[首都圏]
手元資金少ない手軽さがウリだが、儲からない
バブルや不良債権問題にはならないとの見立て
お堅い静岡銀行が変心、西武信金も積極的
降格、休職などケーススタディで読む出会い
アンケートでわかった高利回りへの積極姿勢
ご意見番・さくら事務所の長嶋修氏に聞く
不動産投資ブーム最前線、価格上昇一服の声も
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内