有料会員限定

学力より重要だとわかってきた 非認知スキルとは!? PART2 実践編 非認知スキルの高め方

印刷
A
A

どんな学習や習い事が有効なのか。日本の幼児・初等教育の現状と併せてリポートする。

IQ(知能指数)や学力など数値化が可能な能力を「認知スキル」と呼ぶのに対して、気質や性格など目に見えない力を総称して「非認知スキル」という。

[図表1]
拡大する

特集「「教育」の経済学」の他の記事を読む

これまで教育の現場では、とかく認知スキルの向上が焦点となりがちだったが、近年は非認知スキルが経済的・社会的な成功に大きな影響を及ぼすという研究成果が数多く報告され、世界的に注目を集めている。

将来の成功を左右する「やり抜く力」や「自制心」 

非認知スキルといっても、難しく考える必要はない。「思いやり」や「協調性」「やり抜く力」「社交性」「自制心」「勤勉性」など、人間が生きていくために大切な能力全般を指すと考えればいい。

幼児教育への積極的な投資を各国に呼びかけるOECD(経済協力開発機構)ではこのスキルは「社会情動的スキル」と呼ばれ、「人生のあらゆる段階で不可欠な役割を果たす」(OECD教育・スキル局長のアンドレアス・シュライヒャー氏)と重要視されている。

実は非認知スキルとは、日本の幼児教育が従来育んできたものにほかならない。2000年度施行の「幼稚園教育要領」には、教育目標として「生きる力の基礎となる心情、意欲、態度」が掲げられており、遊びや、先生・友達との触れ合いの大切さが指摘されている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「教育」の経済学
欧米ではすでに常識
「グローバル化」に待った!
18歳人口減で急務だが…
[INTERVIEW] 「大学改革」に物申す
止まらぬ子どもの貧困
PART3 政策に“エビデンス"をどう生かす
小学校低学年で英語スクールは当たり前
イマドキの習い事
来年度から「義務教育学校」が誕生
世界に広がるモンテッソーリって何?
“月10万円"は格安?
待機児童解消の切り札となるか
幼児期の教育費を考える
PART2 実践編 非認知スキルの高め方
[INTERVIEW] 実験経済学のパイオニアが語る
子どもの心理を知る
学力、性格、才能…
子どもを褒める? 「勉強しろ」は効果がある?
PART1 教育を「科学」する なぜ今“教育経済学"なのか
「教育」の経済学
その子育て、間違っていませんか?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内