有料会員限定

迷走し始めた大学入試改革 18歳人口減で急務だが…

印刷
A
A
入試改革は迷走の様相を見せ始めた(撮影:尾形文繁)

特集「「教育」の経済学」の他の記事を読む

1点刻み・一発勝負のテストではなく、思考力や主体性なども加味した多面的・総合的な評価で、その大学にふさわしい学生を選抜する──。文部科学省が行おうとしている大学入試改革の基本方針だ。下村博文・前文科相は、自分が退任しても改革が進むよう、今年1月に「高大接続改革実行プラン」を策定。これに基づいて、準備が着々と進んでいるはずだった。

しかし9月15日に発表された「高大接続システム改革会議」の中間まとめでは、昨年12月の中央教育審議会答申について若干の軌道修正を図っている。入試改革自体が、迷走の様相を見せ始めているのだ。

民主党政権からの課題 脱・1点刻みと高大接続

今回の改革は、安倍晋三首相の肝いりで設置された政府の教育再生実行会議が2013年10月にまとめた第4次提言を基にしているとされることが多い。しかし実際は、民主党政権時代からの検討課題だった。1点刻みのテストを改めることは、すでに12年6月の「大学改革実行プラン」に盛り込まれており、中教審に入試改革も含めた「高大接続」が諮問されたのは同年8月だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「教育」の経済学
欧米ではすでに常識
「グローバル化」に待った!
18歳人口減で急務だが…
[INTERVIEW] 「大学改革」に物申す
止まらぬ子どもの貧困
PART3 政策に“エビデンス"をどう生かす
小学校低学年で英語スクールは当たり前
イマドキの習い事
来年度から「義務教育学校」が誕生
世界に広がるモンテッソーリって何?
“月10万円"は格安?
待機児童解消の切り札となるか
幼児期の教育費を考える
PART2 実践編 非認知スキルの高め方
[INTERVIEW] 実験経済学のパイオニアが語る
子どもの心理を知る
学力、性格、才能…
子どもを褒める? 「勉強しろ」は効果がある?
PART1 教育を「科学」する なぜ今“教育経済学"なのか
「教育」の経済学
その子育て、間違っていませんか?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内