有料会員限定

過熱する英語教育 小学校低学年で英語スクールは当たり前

印刷
A
A

2020年度から小学3年生で英語の授業が始まり、5・6年生では成績がつく教科になる。親の関心の高まりを受け、小学生向けの英語スクールや講座が次々と誕生している。

東京インターナショナルスクール 中目黒アフタースクールの授業風景(撮影:梅谷秀司)

特集「「教育」の経済学」の他の記事を読む

午後6時、東京・目黒区の「東京インターナショナルスクール 中目黒アフタースクール」では、小学1年生が元気に声を張り上げていた。

「beat the egg(卵をかき混ぜる)」「flip the pancake(パンケーキを引っ繰り返す)」 この日の授業のテーマはパンケーキ作り。英国出身のアダム先生と、新しく覚えた表現を復唱しているのだ。ここは英語による授業と学童保育を組み合わせたスクールだ。南麻布にある東京インターナショナルスクールと住友商事が手を組み、13年に設立した。

子どもたちは小学校を終えた後、ここでネイティブスピーカーの教師による授業を受ける。毎日4時から7時までの3時間、英語漬けになるわけだ。その前後に学童保育サービスをつけたコースと、授業だけのコースがあり、1年生から4年生までの約80人が週3~5回通う。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「教育」の経済学
欧米ではすでに常識
「グローバル化」に待った!
18歳人口減で急務だが…
[INTERVIEW] 「大学改革」に物申す
止まらぬ子どもの貧困
PART3 政策に“エビデンス"をどう生かす
小学校低学年で英語スクールは当たり前
イマドキの習い事
来年度から「義務教育学校」が誕生
世界に広がるモンテッソーリって何?
“月10万円"は格安?
待機児童解消の切り札となるか
幼児期の教育費を考える
PART2 実践編 非認知スキルの高め方
[INTERVIEW] 実験経済学のパイオニアが語る
子どもの心理を知る
学力、性格、才能…
子どもを褒める? 「勉強しろ」は効果がある?
PART1 教育を「科学」する なぜ今“教育経済学"なのか
「教育」の経済学
その子育て、間違っていませんか?
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内