有料会員限定

ホワイトカラーほど苦労する 失敗しないシニア再就職 防止マニュアル[3] 定年後も働く

印刷
A
A
ハローワークの活用は再就職への近道だ(撮影:風間仁一郎)

特集「下流老人」の他の記事を読む

「60歳になると応募できる求人は50代の3分の1に激減しますね」 そうぼやくのは今年2月に商社を退職したHさん(62)。2年前に一度定年退職してから別の会社に転職。65歳までは継続勤務可能だったが、処遇に不満があったため再度退職を決意した。現在は経理・総務の管理職を希望して求職中だ。半年で50社応募して書類選考を通過したのは10社。3社から内定を得たものの、いずれも給与面の条件が悪すぎて折り合いがつかず、辞退したという。

今年6月の有効求人倍率は、1.19倍と高水準を維持。全国のハローワーク(以下、ハロワ)登録求人数は7月末現在で約100万件にも上り、リーマンショック後の2009年7月の28万件と比べると、実に3倍超まで激増している。

空前の売り手市場に見えるが、実は100万件のうち正社員は半数弱の47万件にすぎない。そのうえ職種を「事務的職業」に絞っただけで、求人数は4万9000件まで減ってしまう。つまり100件ある求人のうち「事務職の正社員」は約5件しかなく、その中でシニアが勝ち残るのは決して容易ではない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内