第一生命、戦後初めてニッセイを抜く

上場を機に積極策に。窓販専門会社が奏功。

第一生命保険本社ビル。かつて連合国軍総司令部(GHQ)に接収されたことで知られ、マッカーサーの執務室が保存されている(撮影:尾形文繁)
 

保険料等収入で戦後初めて第一生命が首位に

首位戦線に異変あり――。2014年度中間期(4~9月期)決算。第一生命保険が、新契約および保険料等収入で、日本生命保険を追い抜いた。

新契約は営業成績を示し、保険料等収入は売上高に相当する重要な指標だ。保険料等収入は第一生命が前年同期比22%増の2兆5869億円、日生が同4%増の2兆4682億円。半期とはいえ、第一生命が保険料等収入で首位に立つのは戦後初だ。

日生は15年度が最終年度となる中期計画の中で、新契約シェア首位を掲げている。その2年目で計画頓挫となればメンツは丸潰れだ。決算説明会では、「下期に向けてそうとう努力をしないといけない」(児島一裕常務執行役員)と、危機感をあらわにした。

第一生命の業績を牽引したのは、銀行窓口での保険販売を手掛ける第一フロンティア生命だ。中間期の新契約年換算保険料(ANP、一時払いや月払いなどを期間で調整し1年分の保険料に直した総額)は、前年同期比5割増の833億円と、第一生命単体を上回る。保険料等収入も同6割増の9558億円に達した。

第一フロンティアの強みは、銀行窓販専門部隊ならではのきめ細かさ。銀行や保険利用者の声を迅速に反映する商品開発力に加え、定額や変額、終身、個人年金など豊富な品ぞろえに定評がある。

一方、日生は、銀行窓販部門を本体内に抱える。体制が原因とは言い切れないが、結果的に商品展開をはじめ、売り手の銀行や顧客のニーズをとらえる点で、後れを取った。日生の中間期時点のANPは204億円。説明会で「商品開発や供給など、今後(改善策を)検討する」(児島常務)としたが、すぐに挽回するのは難しい。

次ページ海外事業も急拡大
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT