有料会員限定

狙いは訪日客 変わる銀座 免税店が出店ラッシュ

印刷
A
A
旧松坂屋銀座店の跡地で巨大複合施設の建設工事が進行中(撮影:梅谷秀司)

特集「バブルが来る!?」の他の記事を読む

日本の商業の一等地、銀座が今大きく変わろうとしている。「銀座には、その時代に最も勢いのある業態がやってくる」。岡本圭祐・銀座通連合会副理事長は、商業地としての銀座の強さをこう表現する。

銀座通連合会は、1919年に創設された商店会組織だ。「銀座らしさ」の維持に努めつつ、新陳代謝は街の発展に不可欠と考え、新規参入も積極的に受け入れる。

リーマンショック以降、銀座には「H&M」や「フォーエバー21」といったファストファッションの出店が相次いだ。だがこうした低価格路線の店は、以前の活気をなくしている。代わって今時勢に乗っているのが、訪日中国人客をターゲットとした免税店だ。

ビザの発給要件緩和や円安を背景に、2014年の訪日中国人数は前年比8割増の約241万人に拡大した(観光庁調べ)。特に銀座には、「爆買い」目的の中国人が多数訪れる。松屋銀座本店の14年度の免税品売り上げは前期比2.5倍に拡大し、今や売り上げ全体の1割超を占めるまでになった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内