有料会員限定

新「億ション」買い手の正体 高値を演出するのは誰か

印刷
A
A

価格上昇が続くマンション。いったい誰が買っているのか。

まずはアジア系の海外投資家。中でも動きが強いのが、台湾や香港の富裕層だ。長らく続いた不況により、日本の不動産価格は世界の主要都市と比べて相対的に安い。2年ほど前と比較すると円安だけで20~30%の割安感があるうえ、五輪開催に伴い不動産の値上がり期待が大きい。

今年1月に相続税法が改正されたことで、国内の富裕層の購入も増えている。いわば、“相続対策特需”だ。人気は、都心や湾岸エリアのタワーマンションの上層階。タワマンを購入するだけで相続税評価額が8割近く圧縮されることもある。

そして最後の買い手が国内の個人投資家だ。ワンルームなど投資用マンションの購入熱が高まっている。特筆すべきは、その投資家層が20~30代の若者層や女性にまで拡大していることだ。

[図表1]
拡大する

特集「バブルが来る!?」の他の記事を読む

マンション相場を支える3大エンジン。その正体を見ていこう。

海外投資家

台湾から来日しその場で即決

「横か縦一列、どちらでもいいから買わせてほしい。キャッシュで支払うから」──。年明け、都内のあるタワーマンションの販売担当者は、台湾から来た投資家にこう言われて絶句した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内