有料会員限定

ビジネスにも使える実践力がつく TOEICは「話す・書く」テストもある

印刷
A
A
やすこうち・てつや●1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。海外留学なしでTOEIC990点満点取得。20年以上の英語指導歴を持つ。(撮影:梅谷秀司)

特集「最強の英語力」の他の記事を読む

新年の初めには毎年、「皆さん今年こそは英語をマスターするぞ」と言い続け、もう11年目になる。ほとんどの方がマスターしたいのは「話せる英語」だろう。

日本のように外国語として英語を使う国、EFL(English as a Foreign Language)の環境では、日常生活で英語を使う必要性はほとんどない。グローバル化、グローバル化と言いながら、楽天やユニクロ(ファーストリテイリング)に勤めていないかぎりは、そんなに英語を使うということはないので、必要性が実感しにくいのだ。

では、日本で英語学習の必要性を生み出しているものは何かというと、テストの存在が非常に大きい。日本の英語教育の悲劇は、このテストがバランスのよい4技能のテストではなくて、1技能や2技能に異常に偏っていることだ。

「話す」「書く」を学んでもテストで点が取れないから、「読む」「聴く」の学習ばかりする。結果、高得点を取れるけれど話せない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の英語力
ディベート教室から六本木のバーまで
英語の読解に挑戦してみよう
TOEIC以外の評価制度も
元国際線CAが教える
達人 INTERVIEW
敵対する環境でも交渉できる英語力
英語学習にもはや必携
書店で立ち往生してしまう人、必見
TOEICは「話す・書く」テストもある
TOEIC得点アップで書く・話すも上達
総合力が身につく試験対策
YouTubeで人気沸騰
ワンランク上のビジネス英会話
カリスマ同時通訳者が解説!
NHK「おとなの基礎英語」講師・松本茂氏に仕事と英語の“両立術"を聞く
教材選びからスピードまで
声を出すことが真の極意
2015年
近道はないが王道はあった
今年こそ、絶対上達する! TOEIC250点UP 会話力もつく!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内