有料会員限定

グローバル英語の現場 敵対する環境でも交渉できる英語力

印刷
A
A

先進企業や達人ワザに学べ

実践編 鍛えた英語力で何をどう伝えるか

敵対する環境でも交渉できる英語力
グローバル英語の現場

 

ふなかわ・あつし●グローバル・インパクト代表パートナー。東芝、AIG、米コンサルティング会社を経て現職。米国でMBA取得。(撮影:風間仁一郎)

特集「最強の英語力」の他の記事を読む

グローバル化の広がりで、ビジネスの最前線も「全球化」している。いろいろな地域にいる相手と緊密にコミュニケーションを取りながら、ボーダーレスに仕事をする機会はこれまでになく広がっている。

にもかかわらず、「グローバルビジネスで本当に使える英語力」について、正確に認識している人は意外と少ないのではないか。私はこの現実に大きな危惧を覚えている。

本当の英語力はテストで測るべきではない

グローバル企業の研修に行くと、TOEIC900点台であるにもかかわらず、「点数が下がった」と悩む、“英語のできる人たち”が山のようにいる。そんな人たちに問いたい。「あなたは英語で戦えますか」と。

私が主張する、ビジネスで使える英語力とは、図表1の下表に示すとおり「敵意を持つ相手とも交渉できる」かどうかに懸かっている。

[図表1]
拡大する

多様性に満ちたグローバルビジネスの現場では、そもそも相手が非協力的で敵意を持っている場合もあれば、お互いの理解が食い違ったり、コミュニケーションに誤解が生じたりして、予期せぬ衝突が起きる可能性もある。相手が感情的になり議論が立ち行かなくなるのも珍しいことではない。そうした場面で自分の任務を遂行するには、やはり英語を使ったコミュニケーションで解決を図るしかないのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の英語力
ディベート教室から六本木のバーまで
英語の読解に挑戦してみよう
TOEIC以外の評価制度も
元国際線CAが教える
達人 INTERVIEW
敵対する環境でも交渉できる英語力
英語学習にもはや必携
書店で立ち往生してしまう人、必見
TOEICは「話す・書く」テストもある
TOEIC得点アップで書く・話すも上達
総合力が身につく試験対策
YouTubeで人気沸騰
ワンランク上のビジネス英会話
カリスマ同時通訳者が解説!
NHK「おとなの基礎英語」講師・松本茂氏に仕事と英語の“両立術"を聞く
教材選びからスピードまで
声を出すことが真の極意
2015年
近道はないが王道はあった
今年こそ、絶対上達する! TOEIC250点UP 会話力もつく!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内