有料会員限定

受け身の勉強をやめよ 総合力が身につく試験対策

印刷
A
A

+250点も夢じゃない

応用編 ビジネスにも使えるTOEIC必勝法

総合力が身につく試験対策 受け身の勉強をやめよ

TOEICを社員の評価基準に導入する企業が増えている。国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)の調査では、企業の6割がTOEICテストの結果を評価に利用しており、国際部門での業務遂行においては平均750点以上のスコアを期待している(「上場企業における英語活用実態調査」2013年、回答304社)。

受験者数も増加を続けている。IIBCの大村哲明役員付補佐は、「社会的に注目される事象があると、受験者数が底上げされる」と語る。実際、大学が単位認定を始めた時期や、楽天やファーストリテイリングが英語の社内公用語化を打ち出したタイミングで受験者は一段拡大している(図表1)。

[図表1]
拡大する

特集「最強の英語力」の他の記事を読む

聴く(リスニング=L)、読む(リーディング=R)、話す(スピーキング=S)、書く(ライティング=W)という英語の4技能のうち、TOEICテストが判定するのはLとR。マークシート方式であり、つい小手先の試験対策だけに走ってしまいやすい。だがそれでは、仕事の現場で使える英語力は身につかない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
最強の英語力
ディベート教室から六本木のバーまで
英語の読解に挑戦してみよう
TOEIC以外の評価制度も
元国際線CAが教える
達人 INTERVIEW
敵対する環境でも交渉できる英語力
英語学習にもはや必携
書店で立ち往生してしまう人、必見
TOEICは「話す・書く」テストもある
TOEIC得点アップで書く・話すも上達
総合力が身につく試験対策
YouTubeで人気沸騰
ワンランク上のビジネス英会話
カリスマ同時通訳者が解説!
NHK「おとなの基礎英語」講師・松本茂氏に仕事と英語の“両立術"を聞く
教材選びからスピードまで
声を出すことが真の極意
2015年
近道はないが王道はあった
今年こそ、絶対上達する! TOEIC250点UP 会話力もつく!
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内