資生堂社長に試練、「中国不振」に「幹部辞任」

社長交代から約半年、複数の課題が浮き彫り

日本国内では昨年度にこの構造を改めている。中国は販社主導の営業活動がまだ残っており、在庫過多という状況にメスを入れるため、引当金を計上した。
 軌を一にして飛び出したのが幹部人事だ。

資生堂は11月10日、中国事業の責任者で代表取締役執行役員専務のカーステン・フィッシャー氏(52)が、来年3月末ですべての役職を退くと発表した。広報部は「本人からの申し出」とするが、「今回の件を受けた引責辞任」(化粧品担当のアナリスト)と見る向きが多い。

フィッシャー氏の役員報酬は、海外売り上げを増やした実績も加味され、過去5年間のうち4年、社長より多い厚遇ぶりだった。が、中国事業の失速で、同氏への風当たりが強まったとみられる。

 課題は中国以外にも

国内外の展開で魚谷社長の手腕が問われる

人事の発表直前、都内で開かれた経営者が集まるイベントで、フィッシャー氏は「(資生堂は)本社が偉いという文化がある」「遊び感覚なので競争に勝てない」などと、まるでひとごとのような発言をしていた。

資生堂の課題は中国事業だけではない。これまで、「ブランドの会社と言いながら、ブランド別、チャネル別の収益管理が日頃できていない。情報がない」(魚谷社長)という状態だったからだ。この10月から、主要ブランド別の損益を月次で把握できるようにしたが、コーセーや花王傘下のカネボウ化粧品は、同様の取り組みを約3年前から行っている。ある競合幹部は「ようやく資生堂もやるのか」と冷ややかに語る。

10月31日の決算説明会で魚谷社長は「来期、再来期、いい業績数字を作るつもりはない」と断言。自身の任期中は収益構造の抜本的な転換を図るため、先行投資を徹底する考えだ。老舗企業をどこまで変えられるのか。その肩に重責がのしかかっている。

(撮影:今祥雄)

「週刊東洋経済」2014年11月22日号<11月17日発売>掲載の「核心リポート06」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。