『ルイーサ』--アルゼンチンの幸せ《宿輪純一のシネマ経済学》


 生き方を考えさせる。ある意味、お金持ちであることよりも、貧しくても、ささやかでも、心を開いて暮らすほうが幸せであるというメッセージも感じる。オラシオと一緒に食べる安いパンのシーンは、筆者には本当においしそうと感じた。もしブエノスアイレスに行ったらその店にもぜひ行ってみたい(筆者はB・C級グルメファンである)。

このアルゼンチンであるが、2回の世界大戦に参戦しなかったこともあり、かつては非常に富裕な国でもあった。ブエノスアイレスは、昔は「南米のパリ」と呼ばれていた。だが1988年にはハイパー・インフレーション(非常に高率なインフレ)にもなり、その後2001年には国がデフォルト(対外債務の支払い停止)、そして、通貨危機にも陥った。97年からのアジア通貨危機の教訓は生かされなかったようである。

アルゼンチンはウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、ベネズエラ等からなる南米の関税同盟地域「メルコスール」の加盟国でもある。現在、ブラジルがBRICsの一つとして投資の中心となり、日本をはじめとした大量の資金が流入し、ブラジルの通貨は高騰した。通貨高による輸出競争力の低下から、ブラジルの財務相は「通貨戦争のただ中にある」とまでコメントした。

アルゼンチンはブラジルの隣国でもあり、経済的な影響を受けることにもなる。すでに最近の新興国ブームの中で、BRICsに続くグループとして注目を浴びてきている。アルゼンチンは牛肉などの農産物のほか、最近は石油や天然ガス等の資源国としても認識されつつある。GDPは日本の1割にも満たないが、2003年以降は8%を超える高度成長が続いていた。世界金融危機の一時的なダメージは受けたが、今後さらに投資先としてブームになるかもしれない。

本作品のオラシオ役のジャン・ピエール・レゲラスは、なんとこれが遺作。人生はいつか終わる。自分の生き方を考えさせられる映画である。公開館が少ないのが少々残念である。

しゅくわ・じゅんいち
映画評論家・エコノミスト・早稲田大学非常勤講師。1987年慶應義塾大学経済学部卒、富士銀行入行。シカゴなど海外勤務などを経て、98年UFJ(三和)銀行に移籍。企画部、UFJホールディングスなどに勤務。非常勤講師として、東京大学大学院、(中国)清華大大学院、上智大学、早稲田大学等で教鞭を執る。ボランティア公開講義「宿輪ゼミ」代表。財務省・経産省・外務省等研究会委員。著書は、『ローマの休日とユーロの謎』(東洋経済新報社)、『アジア金融システムの経済学』(日本経済新聞社)他多数。公式サイト:http://www.shukuwa.jp/、Twitter:JUNICHISHUKUWA

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT