米当局、ホンダに関連書類の提出命令

タカタ製のエアバッグ問題が波及

 11月5日、タカタ製エアバッグの欠陥問題に関する調査で、米運輸省道路交通安全局はホンダに対し、関連書類の提出や宣誓した上での質問への回答を命じた。ホンダのロゴマーク。7月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[デトロイト 5日 ロイター] - タカタ<7312.T>製エアバッグの欠陥問題に関する調査で、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は5日、ホンダ<7267.T>に対し、関連書類の提出や宣誓した上での質問への回答を命じた。

インフレーター(膨張装置)や現場報告、保証請求、事故や訴訟など、タカタ製エアバッグに関するすべての内部情報の提出を求めた。書類の提出期限は12月15日。

ホンダの広報担当者からのコメントは得られていない。タカタの広報担当者は「引き続き政府の調査に完全に協力していく」とした。

NHTSAは前週30日、同様の措置をタカタに命じている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT