米当局、ホンダに関連書類の提出命令

タカタ製のエアバッグ問題が波及

 11月5日、タカタ製エアバッグの欠陥問題に関する調査で、米運輸省道路交通安全局はホンダに対し、関連書類の提出や宣誓した上での質問への回答を命じた。ホンダのロゴマーク。7月撮影(2014年 ロイター/Toru Hanai)

[デトロイト 5日 ロイター] - タカタ<7312.T>製エアバッグの欠陥問題に関する調査で、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は5日、ホンダ<7267.T>に対し、関連書類の提出や宣誓した上での質問への回答を命じた。

インフレーター(膨張装置)や現場報告、保証請求、事故や訴訟など、タカタ製エアバッグに関するすべての内部情報の提出を求めた。書類の提出期限は12月15日。

ホンダの広報担当者からのコメントは得られていない。タカタの広報担当者は「引き続き政府の調査に完全に協力していく」とした。

NHTSAは前週30日、同様の措置をタカタに命じている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。