「ガラパゴス」に託したシャープ、変革への野心


 ハードに独自サービスを付加して差別化できれば、こうした競争は回避しやすくなる。視線の先にあるのは米アップルのような「垂直統合型」モデルである。すでに今年4月には事業拡大を見据えて、クラウド型サービスを開発する専門部署も立ち上げた。

ただサービス運営は未知の領域だ。今回の電子書籍ではサーバーやデータセンターをほぼ一から自前で用意。運営費を抱えることになるほか、サービスでは継続的な質の改善も要求される。製造業依存から転換できるのか。電子書籍はその試金石となる。

■シャープの業績予想、会社概要はこちら


(西澤佑介 撮影:大澤 誠 =週刊東洋経済2010年10月9日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング