ブリヂストン、「断トツ目指す」と言うけれど

経営目標の数値達成に必要な具体策

中期経営計画では内部体制の構築についての説明に多くの時間が割かれた

10月16日の会見では、中期経営計画の数値目標について「欧州の売上高、営業利益率はまだ低い。新しい経営チームを加えて改善を図る」(津谷正明CEO)と語った程度で、個別具体的な施策や達成時期は明確にしなかった。中国など新興国メーカーへの対応については「他社とは違う商品、真似できないビジネスモデルで対抗する」と、プレミアブランドとしての地位を守り、安易な価格競争は避ける方針は伺わせるが、同じく具体策への言及はなし。中期経営計画の会見で多くの時間が割かれたのは、グローバルに対応した企業文化や経営人材、経営体制の整備といった内部体制の課題と、それに対する今後の方針説明だった。

ビジョンの理解に必要な具体策

2014年12月期は、売上高3兆6500億円(前期比2.3%増)、営業利益4750億円(同8.4%増)、純利益2930億円(同45%増)の見通しで、2年連続で純利益は過去最高を更新する見込み。好業績の要因は、天然ゴム価格の下落と為替円安の押し上げ効果が大きい。一方で、汎用タイヤの価格競争は新興国だけでなく北米タイヤ市場でも激化するなど、このところ世界首位の座を脅かす動きも見受けられるようになった。

今回の発表について、「経済情勢の変化によって(現時点で策定する)数値目標は変わる可能性がある。それより中期のビジョンを伝えたい」(ブリヂストン)としている。だが、海外で競争が激化している中で、「全てに断トツ」というスローガンを掲げている以上、売り上げや利益目標に対するより具体的な方策や達成時期を明示していく必要があるだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT