マーケティングがもはや「運ゲー」ではない理由 データサイエンスが「消費者分析」を一変させた

拡大
縮小
(写真:Ryozo / PIXTA)  
近年最も注目されている職業の1つ、「データサイエンティスト」。ビッグデータと呼ばれる大量データを活用し、ビジネスを変革したり、社会問題を解決できる人のことです。
野村総合研究所 データサイエンスラボの新著『データサイエンティスト入門』では、具体的なデータサイエンティストの働き方や要求される能力などを紹介しています。本稿では、同書から一部を抜粋・再構成しお届けします。

「労働人口の49%」はAIで代替可能になる

有名なハーバードレビュー誌で「最もセクシー(魅力的)な職業」として紹介されたデータサイエンティスト。AIの普及により、このデータサイエンティストという職種は今後、どうなっていくのでしょうか。

AI(人工知能)で将来の仕事・職種が大きく変わると言われています。“定型的な”仕事については、データさえあればAIで置き換えることが可能だと考えられるからです。

仕事がなくならないまでも、大幅に簡略化されたり、効率化されることで、その職種に必要な人の数は減少するでしょう。

野村総合研究所では、日本の労働人口の49%がAIやロボットで代替可能という試算を行っています。日米英の3カ国で比較をしており、特に日本では、AIで代替できる仕事についている人の割合が多いという試算を行っています。

次ページAIが代替可能な仕事の共通点とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT