自分の成長にブレーキかける人が陥る3つの思考 何歳になっても成長し、自己実現の為に大切な事

印刷
A
A
③「だって、これが好きなんだもん」(自分への言い訳)

人生100年時代をどうキャリアチェンジしていくかというようなテーマの講演後、こんな相談を受けることがあります。

「今が好きで、十分満足しているので、変わりたくないんですけど。変わらなければいけませんか?」

どんなに「変化」が叫ばれていても、「今の状態が好きだから何も変えたくない」というのです。それは、一見とても素晴らしいことのように思えます。「今が好き」と言えるのは、恵まれた人生です。

単に慣れているから気持ちいいだけかもしれない

ただ、僕には1つ、気になることがあります。

その「好き」は、本物の「好き」でしょうか?

好きに嘘も本物もないでしょう、と驚かれるかもしれません。なにも、本人が自分を偽っていると言いたいわけではありません。確認したいのは「好き」と「慣れているから心地いい」ことの線引きがしっかりできているかどうかということです。この2つの感情はとても似ているようで、実際には大きく異なるものです。

「このお店が好き」「この土地が好き」というのが、実は単に「すっかりなじんでいて快適だから」という理由であることは、結構な確率で起こっているような気がします。

『Unlearn(アンラーン) 人生100年時代の新しい「学び」』(日経BP)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

「日本が好き」「やっぱり朝はごはんと納豆とおみそ汁がいちばん」「買い物をするなら銀座がいいよね」など、自分の「好き」をたくさん持っている人はとても楽しそうで素敵なのですが、少しだけ不安も感じます。「他を知らないだけじゃないの?」と。

とはいえ、わざわざ「心地よくないものを選ぶ」というのは、なかなかできることではありません。Aという親しんだ心地よいものと、Bという見知らぬものが並んでいるときに、あえてBを選ぶというのは心理的ハードルが高そうです。

そこで、ぜひやってみてもらいたいのは「無条件にAを選ばない」というアンラーンの技術です。慣れていることから少し距離を置いてみる、決まったパターンで当然のように選んでいたものからしばらく離れてみる。どうしてもそれを選びたいなら、その理由を具体的に言語化してみる。

そうすることで、ほんとうの「好き」かどうかがはっきりします。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT