仏マクロン大統領「反ワクチン論者」猛烈批判の訳 波紋を呼んだ発言の背景には4月の大統領選

印刷
A
A

激戦が見込まれる一因は極右候補の票がぺクレス氏へ流れることだ。ル・ペン氏支持者の37%、ゼムール氏を支持する人の47%が2回目はぺクレス氏に投票すると答えている。ぺクレス氏は不法滞在者への社会的給付廃止、学校でフランス語を話さない生徒数に1クラスあたりの上限を設けるなど移民に厳しい政策を打ち出しており、極右候補支持者の票の受け皿になるとみられる。

ぺクレス氏が歴代の多くの大統領と同様、エリート教育を受けていることや、「勤勉さ」「思慮深さ」「理路整然とした話し方」が評価されている面もあるという。同氏が掲げる15万人の公務員削減、失業手当の減額など行財政改革への取り組みは、「マクロン氏の考えに近い」との指摘も少なくない。

このため、ワクチン接種に焦点を当てることで、ぺクレス氏との政策面の違いを際立たせようというのがマクロン氏の戦略とみられる。カステックス首相も「大統領が述べたことはいたるところで聞いている」などとワクチン接種の正当性を強調するマクロン氏を擁護した。

選挙の争点を絞りたい?

フランスの調査会社イプソスが昨年12月に実施した世論調査によると、反ワクチンデモなどの動きに対して、「理解できない」との答えが全体の6割近くに上った。大統領選の1回目でマクロン氏への投票を予定している有権者では90%が「理解できない」と回答。他方、ぺクレス氏に投票予定の有権者で「理解できない」と答えたのは76%、ル・ペン氏とゼムール氏ではいずれも47%にとどまる。

つまり、マクロン氏の「失言」は他の有力候補の支持者の間で、ワクチンをめぐる賛否が対立していることを念頭に置いた面もありそうだ。フランスの「ル・モンド」紙のフィリップ・メスメール記者は「コロナ感染対策に争点を絞り、他の問題にはほとんど触れたくないと考えている」と指摘する。

もっとも、マクロン氏の率いる与党・共和国前進の内部でも全面的に歓迎されているわけではなさそう。「(与党内で)発言に対する反応が割れていることも付け加えておかなければならない」(メスメール記者)。現時点で大統領選への影響は読み切れないが、マクロン氏には選挙のためにワクチン強化をアピールしたい思惑があると言えそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT