浜ホト、超難関"核融合発電"に挑み続ける

高出力レーザーの実験施設に行ってみた

浜ホトにも、ハイパワーレーザーのほか、核融合実験用のチャンバー、そして、燃料となる微少なカプセルの製造設備まで揃っているという。

その実験施設は、浜松駅から車で40分ほどのところにあった。広大な敷地に、じつに洒落た建物が並んでいる。見栄えなどを気にせず、技術だけに邁進する浜ホトらしからぬランドスケープだが、聞いてみると、かつてはあるIT会社がバブル期に建てたものを安く購入したとのことで、なんとなく安心する。

ご案内くださるのは取締役の菅博文さん。開発本部の大出力レーザー開発部の部長でもある。半導体レーザーが実現はしていたものの、実用化は難しいのではと言われていた頃からレーザーの研究を続けてきた方だ。

実現と実用化の違いは、自転車に例えるとわかりやすいかもしれない。補助輪ありで数秒間でも前に進む状態が実現、補助輪なしで長時間走行できるのが実用化だ。

すっきりした実験施設

光の実験装置はすっきりしている。電熱線やコイル、アルミホイルなどがないからだ

さっそく、大出力レーザーと核融合の実験設備を見せてもらうことにする。無塵服を着て、エアーシャワーを浴び、ワクワクしながらクリーンルームへ。そこで金属製のコンテナのようなハコの扉を開くと、光学実験台の上に、レーザーシステムが設置されていた。

なんだかすっきりしている。なぜだろうと考えて、扱っているのが光だからだと思い至った。扱うのが気体や液体なら配管が必要だし、その配管を温めるための電熱線やアルミホイルなども欠かせない。また扱うのが電子なら、その軌道を曲げるために磁石やコイルが必要だが、光の軌道は回折格子やミラーで変えられる。だからすっきり片付いて見える。

次ページレーザーポインタより、どれだけ強いのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT