PB(プライベートブランド)高級化の試練、競争は第2ステージに突入


 同スーパーでは今期に入り、PB売上高が前期比2割程度も減少している。イオングループ全体では10年3~5月期のPB売上高は2・5%増に留まり、3割強も増えた昨年とは環境が一変。セブン&アイ・ホールディングスも数値は非公表だが「NBの低価格化で非常に厳しい状態」(イトーヨーカ堂の高橋信・食品事業部グループMD担当チーフバイヤー)と打ち明ける。

両社とも、一時的な節約志向への対応策としてPBを位置づけているわけではない。イオンは今期、「PBの売上高目標は(前期比24%増の)5600億円」(久木邦彦取締役)に設定。セブン&アイも12年2月期に5000億円(10年2月期比56%増)を掲げる。

停滞市場へのカンフル剤として両社が考えたのが、PBのプレミアム化だ。NBと同価格かそれ以上で、より高付加価値を訴求する。PB比率の引き上げに貢献するだけでなく、激安PBと違って利幅も大きい。

イオンはすでに、NBの平均価格帯より4割高い278円のレトルトカレーを発売している。「具材にこだわり、これまでつかめなかったシニア層中心に人気を博している」(久木取締役)。セブン&アイもPBを高価格帯へシフトさせて、ブランド価値を高めることで購買層を広げる狙いだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT