三浦知良54歳「現役続行」で体現するプロの生き様 キングカズ「みっともない」批判浴びつつも…

拡大
縮小
三浦知良、マスクは“サムライブルー”だ(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(7枚)

《やれても正直、あと6年くらいかな》

12月13日に配信された『日刊スポーツ』ウェブ版で、“キング・カズ”こと三浦知良選手の近況を伝えた記事が物議を醸している。2005年から所属する横浜FC退団が濃厚とされるカズだが、大阪市内での自主トレが物語るように54歳になっても引退する気はさらさらない。そして《あと6年》と60歳、還暦まで現役でプレーを続けるというのだ。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「それでも複数のクラブが獲得に興味を示しているといいます。Jリーグで最年長記録を次々と塗り替えてきただけに、最盛期に及ばずとも50代半ばとは思えない肉体を維持しているのはさすが。本人もまだ“やれる”自信があるということ。

ただ、現在のカズが重宝されるのは、プレーでの貢献度以上にピッチ外でもたらす部分だとも。“サッカー界のレジェンド”をひと目見ようと試合に足を運ぶサポーターやファン、そしてチームとしての注目度も上がる。そんな広告宣伝効果も含めての獲得になるのでは?」(スポーツ紙サッカー担当記者)

今なお、個人として複数企業のCMに起用されているカズだけに、仮に新チームへの入団が決まればチームスポンサーになる可能性もなくはない。特にコロナ禍で収益を落としているチームにとっては是が非でも迎え入れたいところか。一部報道によるとJ2やJ3のほか、JFL、地域リーグなどのアマチュアリーグからも熱い視線が向けられているとも。

プレーヤーとしてもう無理

片や、結果が求められるプロの世界だけに、現役にこだわるカズにきびしい意見が向けられるのも自然なこと。横浜FCへの移籍当初こそ年間30試合以上に出場することも多く、そのチャレンジを支持する声が多数を占めていた。が、50歳を過ぎたここ数年のシーズンはリーグ戦の出場は10試合にも届かず、そしてノーゴールが続いている。

今季はカップ戦も含めて計4試合、リーグ戦に至っては1試合でしかもたったの1分間。故障ではないのにベンチ内にも入ることができず、スタンドが“定位置”になることが多かった。カズはチームの戦術に沿うプレーができない、つまりはJリーガーとしてのパフォーマンスができないと判断されてのことだと思います」

次ページ客寄せパンダ、みっともない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT