日本人とドイツ人「お客様対応」に見た決定的な差 働く人に過剰なサービスを求める和文化への疑問

印刷
A
A

そんな日本の習慣をドイツ人に話すと、「なぜ楽しくお酒を飲んだり、食事をするのに気を遣って取り分けたり、注文をしたりするの?」「ましてや座る席なんて、どこに座ろうとかまわないじゃないか。そんなことを気にしていたら全然楽しめないよ」と言われてしまいました。

ドイツではそれぞれが自分で好きなものを注文し、それを自分で食べるので、取り分けて食べ合う習慣がありません。飲み物もワインなど以外は、自分で手酌かジョッキで飲むので、他の人に注いでもらうこともありません。

「気遣い」を表すドイツ語はない

考えてみれば、「気遣い」「気を遣う」といった日本語に、ぴったり当てはまるドイツ語も見つからないのです。

たしかに、「おもてなし」が美徳とされる日本で、すべての「おもてなし」を放棄するのは、仕事関係の付き合いなどでは難しい部分もあるでしょう。

ドイツ人はなぜ「自己肯定感」が高いのか(小学館新書) 。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

ですが、過剰な「おもてなし」は、もてなす人を疲弊させる一方で、もてなされた側はそれが当然だと思っていることが多々あります。日本のサービス業で一生懸命「おもてなし」をなさっている方は、そのことをよくご存じでしょう。「おもてなし」が当たり前になって、逆に気遣いを要求するようになるのは、美徳でもなんでもないと思います。

こうしたドイツ人の考え方や習慣は極端に思えるかもしれませんが、日本は逆に、「気遣い」や「おもてなし」を美徳として重視するあまり、働く人に過剰なサービスを求めすぎているように思えます。他者を慮(おもんぱか)ってサービスすることは、それだけ「自分の意思」「自分の本音」を押し殺して働くことを意味します。

それが生きづらさにつながり、さらに「カスハラ」「ブラック企業」「過重労働」の一因にもなっているように思えてなりません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT