通販「冷凍チーズケーキ」が超売れているワケ

3分で700箱、1週間で3カ月先までの予約分完売

スイーツのヒットメーカー、長沼氏が手がけるCHEESE WONDER(左)とヌクメル。前者は“最高の素材”にこだわったチーズケーキ。後者は“ネット通販+冷凍”という手法を活用し、焼き上がったばかりのおいしさを追求した。温め時間を調整することで、食感に違いが出る(撮影:今井康一)
この記事の画像を見る(4枚)

このところのスイーツのトレンドとして挙げられるのが、「冷凍」である。

消費期限の長さや、保存料などが少なくて済むこと、フレッシュさなど、冷凍食品のメリットに消費者が注目し、すでにブームの兆しがあったところ、世の中がコロナ禍に突入。さまざまな理由で家庭用の冷凍食品市場が大きく伸長した。

そうした社会状況を背景に、冷凍に通販を組み合わせたスイーツブランドが群雄割拠している。また、①冷凍のまま、②半解凍で、③手を加えてといった、食べ方の違いで味わいのバリエーションを増やすという、冷凍食品の特徴を活かした商品展開を行っているのも興味深い。

買い置きしておきいつでも好きなときに、手間をかけずに食べられるという、消費者にとっての利便性も魅力だ。ローソンやセブンイレブンが販売して話題となった、「カッサータ」人気の理由でもあるだろう。

そんな中、この冷凍+通販のカテゴリで新たなスイーツが誕生した。

電子レンジで温めることで完成させるチーズケーキ

2021年10月4日から販売開始された「Nukmel(ヌクメル)」だ。これは、自ら電子レンジで温めることで完成させるチーズケーキ。焼き上がったばかりのチーズケーキの味わいを求めて開発されたものだという。

本商品の注目ポイントは、ブランドの仕掛け人、長沼真太郎氏である。同氏はチーズタルトの「BAKE」創業者であり、2021年2月にスタートした、なかなか予約できないスイーツ「CHEESE WONDER」などを手掛けてきた、スイーツのヒットメーカーだ。

同氏は2020年に、放牧事業と洋菓子の企画・生産を行う農業生産法人、ユートピアアグリカルチャーを立ち上げ。「放牧による乳卵製品・お菓子の製造販売を通じ、人・動物・地球環境に負荷の少ない持続可能なビジネスを実現する」ことを目的に、北海道大学と提携しながら実証実験を進めている。

実はCHEESE WONDERも、解凍の度合いによって味の変化が楽しめるスイーツ。冷凍庫から出したばかりならアイスケーキ感覚で食べられ、時間を置くほどにムースがとろけてやわらかくなる。チーズの芳醇な香りに、かためで香ばしいクッキーがアクセントを添える。6個入り2980円(撮影:今井康一)

CHEESE WONDERは同社の手がけるスイーツ第1号として発売されたもの。「どこよりもフレッシュなお菓子、どこよりも手間をかける、どこよりも良い原材料を使う」という、長沼氏が提唱する“お菓子の三原則”に基づいて作られているのだが、とくに原材料に関して、乳牛の放牧、鶏の平飼いといったところからこだわった、最高のチーズケーキだという。手作業で製造しているため数量が限られ、毎週金・土曜日の午後8時に販売開始されるが、約700箱が3分ほどで売り切れてしまうほどの人気商品だ。

2021年9月から予約販売を開始するも、1週間ほどで3カ月先まで予約分が完売。現在でも半年先まで予約購入分が完売している。

次ページ「ヌクメル」とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT