母から娘へ!90年代「ギャル文化」が再燃の必然

コギャルたちを沸かせた5つのアイテムとは?

2021年の渋谷。ルーズソックスの女子高生はいなかった。校則で禁止されている高校も(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(4枚)

1990年代、時代の主役は女子高生だった。新しいトレンドを次々につくり、多くのギャル文化を生み出した。それから20余年。見かけなくなったものも多く、その行方を追った。

ルーズソックスブームが再燃

「ルーズソックスが欲しい、と高校2年の娘に言われて懐かしい気持ちになりました」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

都内に住む40代女性は娘を通して自身のコギャル時代を懐かしく思い返している。

1990年代、空前の“コギャル”ブームが湧き起こった。安室奈美恵のファッションをまねる「アムラー」や、顔を黒く塗る「ガングロ」などのギャル文化が次々に生まれ、時代の主役は女子高生に。

今、そのブームに再燃の兆しが見えているという。

「ルーズソックスが再び売れているんです。ファッションは20年周期で流行が回っているといわれているので、1990年代のブームが再燃するのは珍しい現象ではないのですが、コギャルのアイコンだったルーズソックスが再び流行するとは」(109ショップ店員)

12月から『PLAZA』(元ソニプラ)で『E.G.スミス』のルーズソックスの復刻販売が決定。「当時の売れ筋である34センチ、75センチを展開します」(PLAZA広報)

コギャルたちの聖地だった東京・渋谷の109(写真:週刊女性PRIME)

ルーズソックス再燃の一方で、消えてしまったギャルアイテムは数知れず。あのころのコギャルを沸かせたアイテムは今どうなっているのか。

現在40代の元ギャル500人に聞いた「ギャルアイテムと聞いて思い浮かぶものは?」上位5品のその後を追った──。

■ギャルアイテムと聞いて思い浮かぶもの
1位 ブランドショッパー(115票)
2位 折りたたみミラー(102票)
3位 Tikkyのシャープペンシル(81票)
4位 トロール人形(54票)
5位 他校のスクールバッグ(47票)

次ページ今もフリマアプリで人気
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT