大谷だけじゃない!パラ選手「夏冬二刀流」の凄み

まるで別物のスキーと陸上に村岡桃佳が挑戦

2018年3月、平昌パラリンピックの女子アルペンスーパー複合座位で銅メダルの村岡桃佳(写真:日刊スポーツ)

大リーグ・エンゼルスの大谷翔平の活躍で、アスリートの“二刀流”が注目されるようになった。来年3月4日に開幕する北京パラリンピックにも“夏冬二刀流”に挑むアスリートがいる。アルペンスキー女子の村岡桃佳(24=トヨタ自動車)。前回2018年平昌大会で大回転の金を含む全5種目でメダルを獲得し、翌シーズンのW杯で年間総合優勝した雪上の女王である。

当記事は『日刊スポーツ』の提供記事です

2019年5月にパラ陸上への挑戦を表明。今夏の東京パラリンピックの女子100メートル(車いすT54)に出場した。

バランス感覚で勝負するスキーと、腕や上半身の筋力で車いすを推進する陸上は、まるで別物。約2年半に及ぶ過酷なトレーニングでゼロから肉体をつくり直して、本番では決勝に進出して6位入賞。人間の可能性はすごいと思った。その成果がスキーにどう生かされるのかも興味深い。

陸上を経験しスキーの楽しさを思い出した

再び雪上に戻った彼女を11月中旬にリモート取材した。印象的だったのが「陸上を経験したことで、あらためてスキーが楽しくて、すごく好きだと感じた」というコメント。平昌大会後は“勝って当然”と自分自身にプレッシャーをかけてしまい、滑るのがつらくて毎晩のように泣いていた。それが陸上という新たな競技に打ち込み、スキーと距離を取ったことで、本来の楽しさを思い出すことができたという。

次ページかつて珍しくなかった“二刀流”
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT