3Dデジカメに熱視線、停滞市場に転機到来?

3Dデジカメに熱視線、停滞市場に転機到来?

3次元(3D)の波がデジタルカメラ業界にも押し寄せている。

7月10日、東京・銀座のソニービルのショールームには人だかりができた。お目当ては、3Dの静止画撮影機能を搭載したデジカメ「TX9」(店頭想定価格4万5000円前後)。専用眼鏡をかければ、3Dテレビ上で立体画像を楽しめる。

シャッターボタンを押してから、撮影者を中心に半円を描くようカメラを一振り。1回の撮影で、最大100枚の画像を高速連写。右目用と左目用、2枚の画像を同時に自動生成することで立体画像ができる仕組みだ。

3Dデジカメでは、昨年8月に富士フイルムホールディングスが先行して発売。専用の液晶フォトフレームとセットで投入したが、8万円超という価格が嫌気され、販売台数は数万台にとどまった。

しかし年明け以降、大手家電メーカーが相次ぎ3Dテレビを発売したことで、デジカメ業界でも3D機運が一気に上昇。

折からカメラやビデオの3D化を準備してきたパナソニックは「先行して市場を切り開きたい」と意気込む。まもなくソニーとは異なる撮影技術を採用した、3D対応の撮影機器を投入するもようだ。今秋にかけては韓国サムスン電子など、さらに数社が新製品の投入を予定する。

3D対応機の登場は、デジカメ業界にとって久々の転機と言える。

現況、コンパクトデジカメのほとんどは、メーカー名が違うだけで中身に大きな違いはない。設計が似通っているうえ、外注先も台湾系
など数社に偏っているからだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT