デジタル資産「NFT」熱が急速に高まる本当の理由

コンテンツ・権利の「流通革命」

生活が行われるということはそこで経済活動が行われます。リアル空間でお金とモノやサービスの交換が行われるのと同様にデジタル上でもデジタルなお金とデジタルなモノやコト、サービスが交換される。このときに使われるのがNFTなのです。世の中のほとんどのモノは唯一無二でありまったく同じモノはないですよね? 考えただけでその膨大な影響範囲と無限の可能性に気づく方もいるかもしれません。

図:NFTの市場は、2021年に入り急速に拡大 

NFTというデジタル資産とブロックチェーン

さて、皆さんすでにご存じかもしれませんが、念のため、NFTについて辞書的な確認をしておきましょう。

NFTとはNon-Fungible Token、ノンファンジブル・トークンの略です。ファンジブルが代替可能という意味なので、ノンファンジブルは「代替不可能」、つまり1つひとつが固有で唯一無二ということ。トークンには代用貨幣や引換券などの意味もありますが、ここでは「世界にひとつだけのデジタル資産」と、あえてわかりやすく意訳しておきます。

現在、最も広く流通しているデジタル資産といえば、ビットコイン(bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)などの暗号資産(仮想通貨)です。暗号資産の場合、Aさんがもっている1ビットコインとBさんがもっている1ビットコインは、円やドルなどの現金通貨と同じように、当たり前ですが、まったく同じ価値のものです。なので、たとえばAさんとBさんのビットコインを入れ替えたところで何の支障もありません。そのため暗号資産はFT(ファンジブルトークン)、代替可能なデジタル資産と呼ばれるわけです。

NFTも暗号資産もブロックチェーンという共通の技術が使われているのですが、NFTは暗号資産とは違い、ブロックチェーンの中にいわば個別の識別サイン、「唯一無二の固有のデータ」が記録されています。それによって1つひとつのデジタル資産はそれぞれが固有のもの、入れ替え不可能なものになっています。

同じTシャツでも、金メダリストの直筆サイン入りTシャツなら、まったく違う価値をもつ「1点もの」になります。それと同じように、この世にひとつしか存在しないNFTには、固有の価値が生まれます。そのため、わざわざ代替不可能なデジタル資産、NFTという名前が付けられているのです。

次ページIPビジネスという側面
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT