ゆうパックが「正常化宣言」も前途に不安残す

−−年末にかけて行う万全の対策とは。

濱本部長 ペリカン便からの移管分も含めたボリュームに必要な施設・要員・運送便体制を構築していったらいいかを検討する。

濱本部長は「総合的に判断して正常化宣言を行うこととした」と言う。遅延は7日以降生じていない一方で、日本通運からの応援要員を15日時点でも受け入れている。クレーム件数も減ったとはいえ1年前と比べたら依然高水準だが、濱本部長は「クレーム件数のみで判断したわけではない」とした。

14日までで想定していた荷物の量は2200万個だが実際は1900万個(速報値)。想定比13.63%マイナスで、7月1日にペリカン便を吸収し再スタートした新生ゆうパックはスターダッシュにつまづいた格好だ。荷物が減れば遅配も減るが、宅配便最大手のヤマト運輸や2位の佐川急便にますます水を空けられる。本当に年末に万全を期すことが出来るのか。新生ゆうパックの前途は多難と言わざるを得ない。

コールセンターへのクレーム件数   配達個数
 2010年※ペリカン便吸収後
 7月 1日  795件( 7件) 187万個
    2日 1109件(10件) 158万個
    3日 1328件(22件) 140万個
    4日 1045件(11件) 119万個
    5日 1177件(14件) 155万個
    6日 1116件( 5件) 148万個
    7日 1063件( 5件) 155万個
    8日  901件( 8件) 142万個
    9日  772件(10件) 139万個
   10日  784件( 9件) 142万個
   11日  540件( 3件) 121万個
   12日  519件( 7件) 131万個
   13日  513件(11件) 147万個
   14日  483件( 4件) 155万個
      
 (参考)2009年※ペリカン便吸収前   
 7月 1日  85件(10件)
    2日 109件( 9件)
    3日  81件( 4件)
    4日  69件( 2件)
    5日  84件( 3件)
    6日  81件( 5件)
    7日  98件( 6件)
    8日  78件( 8件)
    9日  76件( 6件)
   10日  82件( 4件)
   11日  74件( 7件)
   12日  72件( 6件)

※カッコ内は「郵便物等事故申告処理システム」に入力された件数。日本郵便によれば、顧客からの申告により紛失等の調査を開始または実施した件数で、この件数が直ちに紛失件数になるというわけではない

(山田 雄一郎=東洋経済オンライン)   

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング