新生銀行のぬぐえぬ不安、外国人役員“追放”だが、新役員にも疑問符


 また日本銀行出身の財務部門担当はあおぞら銀行の専務を務めたが、「成果を上げられず退任した」(あおぞら銀行関係者)という。いずれも“苦い経歴”を持つ人物である。

当麻氏は「2年間での再生」を明言し、13年3月期には最終利益320億円(10年3月期は1401億円の赤字)の計画を明らかにした。ところが株式市場の評価は厳しいままで株価は低迷を続ける。

23日の株主総会では、ある個人株主がふがいない業績に対し、こんな苦言を呈した。「(新生銀行の)株主ということで、私は仲間内で恥ずかしい思いをしている」。他の株主からも厳しい注文が相次いだ。新生銀行がこれらの声に応えられる日は、訪れるのだろうか。

■新生銀行の業績予想、会社概要はこちら

(浪川 攻 =週刊東洋経済2010年7月17日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT