菅首相の「強い経済、強い財政、強い社会保障」の実現には3分の2が疑問--東洋経済1000人意識調査

菅首相の「強い経済、強い財政、強い社会保障」の実現には3分の2が疑問--東洋経済1000人意識調査

菅首相が所信表明演説で、「強い経済、強い財政、強い社会保障を一体として実現する」と表明。しかし意識調査では、その現実性について厳しい意見が多数を占めた。今後、実現のための具体的な政策を国民に提示できるかが問われる。

属性別にみても回答に目立った違いはないが、性別では、男性より女性の方が実現により懐疑的、年齢では年代が高いほうが多少は実現に期待を持っているようだ。60代男性に限ると、36%が実現できると思う(実現できると思う、どちらかと言えば実現できると思う)と答えており、全体の19%に比べ明らかに期待感が強い。

(週刊東洋経済編集部)

■性別・年齢別クロス集計

■地域別クロス集計

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT