フェスがやはり音楽産業に欠かせない訳【動画】

主催者側はもちろん参加者もしっかり感染対策を

コロナ前まで音楽ライブ市場は右肩上がりが続いていました。

中でもフェスは非常に大きな影響力を持つイベントでした。

音楽産業全体で見ると、CDは2000年に5000億円超と生産金額のピークをつけて、その後は縮小が続いています。それと入れ替わるように成長してきたライブやフェスは、まさに業界にとって欠かせない存在です。

緊急事態宣言解除でも逆風は変わらず

10月に全国での緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除され、飲食店の営業制限も全面解除されました。

全国的に新規感染者はみるみる減ってきた一方で、感染再拡大のリスクも心配されています。

ライブやイベントに対する逆風は変わっていませんが、音楽産業への影響はどうなっているのでしょうか?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』の「悪者扱いのフェスが音楽産業に欠かせぬ切実事情」をもとにポイントを動画にまとめました。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:梅谷秀司)
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT