いまだ支持伸びぬ野党が魅力取り戻す3つのカギ

密着取材の映画が反響呼んだ小川淳也氏が語る

日本復活に向けて必要なこととは?(デザイン:杉山未記)
10月31日投開票の衆院選に際しては、与党も野党もばらまき的な公約を並べた。持続可能な日本を構築するため、国民に負担増を求める政党が政権を担うことは不可能なのか。
衆院選で、平井卓也・前デジタル相(自民党)との激戦が話題となった香川1区の小川淳也・前衆議院議員(立憲民主党)は、「将来的には北欧型に近い社会に」が持論だ。2020年の公開の映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』で注目を浴びた小川氏が、総選挙後の政治の課題を語った。(インタビューは10月12日に実施)。
『週刊東洋経済』11月1日発売号では「『安売り日本』はもう限界 ニッポン再生計画」を特集。総選挙後の日本の行く末を見据え、中長期の視点から日本復活への道筋を分析。経済成長、賃金・雇用、日本型経営と産業、移民、環境・エネルギー、外交・安保などの論点と最新データから、今後の日本の針路を占った。

若い世代ほど「高負担、高福祉」の傾向が強い

立憲民主党は消費減税をうたっており、私もその必要性は理解している。しかし、長期的には法人税や所得税の累進性回復、相続税や消費税なども含め、北欧型の税制改革を議論せざるをえない。

『週刊東洋経済』11月1日発売号の特集は「『安売り日本』はもう限界 ニッポン再生計画」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

これは財務省的な財政収支偏重論に立ったものではない。社会全体を持続可能な形にソフトランディングさせるための、政策の全体像を踏まえた取り組みだ。

負担と受益に関して、ある思考実験をいろいろな人に提示している。

あくまで極端な例として聞いてほしいが、例えば消費税と反対給付を単純化して、「消費税ゼロ&ベーシックインカムゼロ」から「消費税100%&ベーシックインカム毎月10万円。ただし医療・保育・教育・介護など社会福祉すべて無償かつ社会保険料負担ゼロ」まで選択肢を設けて選んでもらう。

これまで圧倒的多数が選んだのは後者、つまり「高負担、高福祉」の選択肢だ。かつ若い世代ほどその傾向が強い。つまり、みんな負担が嫌なのではなくて、税を預ける政治に信頼が置けないということなのだ。

次ページ国民が政治そのものにがっかりしてしまった可能性
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT