【産業天気図・コンビニエンスストア】既存店低迷続き「曇り」、ただ弁当・総菜のテコ入れなどで復調の方向感も

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

コンビニ業界の景況感は2010年4月から1年を通じて、「曇り」の見通しだ。タスポ(たばこ自動販売機の成人識別装置ICカード)導入によるプラス効果の一巡などで、09年6月以降、業界各社は既存店の前年割れが続いている。ただ、業界各社の第2四半期に当たる6~8月期は、天候不順だった前年同期からの反動増が見込める。中期的にも既存店の活性化で収益改善が見込めそうだ。曇りといっても、薄日の差す天候というのがふさわしい。

既存店の前年割れは加盟店オーナーの収入減に直結するため、各社とも利益率の高い弁当・総菜類のテコ入れに必死だ。
 
 最大手のセブン−イレブン・ジャパン(セブン&アイ・ホールディングス<3382>グループ)の今11年2月期は店舗純増350(前期455)で、デザート、チルド弁当などの中食関連の商品ミックス改善に注力する。2位のローソン<2651>は店舗純増200だが、その4分の3は生鮮コンビニ。前年割れが続く既存店では、新しく始める店内調理で「できたて弁当・総菜」を強化する。今期は200店での導入を目標にしている。

主要各社はサービスメニューも強化している。特にチケット発券は客数、客単価上昇に寄与するため、各社が力を入れている。大手がチケット事業会社の囲い込みに走った結果、セブンはぴあ<4337>と業務資本提携、ローソンは不祥事に揺れたチケット子会社を吸収した。コンビニ3位のファミリーマート<8028>もイープラス(社名はエンタテインメントプラス)に出資している。

今後、消費環境が徐々に改善する中で、コンビニならではの差別化商材やサービスをどれだけ提供できるのかによって、企業間格差が広がっていくだろう。また、海外事業も焦点。中国、韓国などで店舗網拡大に注力しているファミリーマートなどの戦略成果が注目される。 

(高橋 志津子=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT