今のYouTubeで抜群に稼ぐ動画の知られざる特徴

二次創作の動きが加速、2021年上半期YouTube事情

視聴者に支持されるクリエイターの特徴とは?(写真:Gabby Jones/Bloomberg)
2021年上期も多くの動画が投稿されました。この半年間のYouTubeの動向について、YouTube作家として活動する「こす.くま」の代表作家である「すのはら」と「たけちまるぽこ」がYouTube作家独自の視点を交えて解説します。

YouTubeショートを活用したクリエイターの台頭

2021年7月、日本でも「ショート」のベータ版がYouTube公式アプリに搭載されるアナウンスがされ「短尺動画」を活用するクリエイターが増えました。

画像をクリックすると連載一覧ページにジャンプします

ショートは最大60秒の縦長動画のみを投稿・視聴できる機能です。独自のアルゴリズムによって動画がピックアップされ、ユーザーはまだチャンネル登録していないクリエイターとの新たな出会いのきっかけになります。

このショートは、「短尺動画」という点ではTikTokやInstagram Reelsと似通っていますが、大きな違いがあります。他媒体とは異なり最終的にはチャンネルそのもの(=長尺動画)に興味を持たせ、チャンネル登録につなげる必要があることです。この流れがうまくいかなければ、ショートは再生数が回っているのにチャンネル登録者数が伸びないこともよく起こります。

この「短尺動画と長尺動画」をうまく繋いだクリエイターが「Kevin’s English Room」です。メンバーの語学にまつわるバックグラウンドを活かし「海外と日本の言語に関する感じ方の違い」などをコミカルに発信するかけ・ケビン・やまの3人組。彼らは2021年2月に20万人、6月に30万人を突破というペースで成長していましたが、この半年の間にショートを活用し、10月現在は80万人突破を目前にするなど急速な成長を見せています。

作りとしては「英語や日本語の細かいニュアンスの違い」など、語学にまつわる知識をネイティブ目線で面白おかしく描き、詳しい解説は本編で!という流れになっています。

ポイントは、もったいぶらないこと。ショートでは情報を隠し、本編で全て見せるのではなく、ショートはショートとして完結していながらも、なお付随コンテンツを見たいと思わせる作りになっています。新機能をハックするのではなく、企画としてもコメディとしてもハイレベルであるというところが純粋に評価されていると言えます。

次ページ”公認”切り抜きチャンネルの増加
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT