FBユーザー数の伸びと自社株購入が株価を維持 売上は市場予想下回るも、ユーザー数は上回る

印刷
A
A

米フェイスブックの株価が25日の時間外取引で上昇した。同社がこの日発表した7-9月(第3四半期)の同社ネットワークのアクティブユーザー数がアナリスト予想を上回った。また同社は自社株買いを最大500億ドル(約5兆6900億円)増やすと表明した。

第4四半期の売上見通しはアナリスト予想を下回る

フェイスブックと写真共有アプリのインスタグラム、チャットアプリのワッツアップを含む同社アプリのユーザー数の伸びと自社株購入継続が、7-9月売上高と10-12月(第4四半期)売上高見通しがアナリスト予想を下回ったことより重視された。アップルの消費者データ収集制限に加え、新型コロナウイルス禍後の景気回復に関連した不透明感に伴う持続的な逆風が見通しの重しとなった。 発表文によると、7-9月の売上高は35%増の290億ドル。ブルームバーグ集計のアナリスト予想平均の295億ドルに届かなかった。 同社のネットワークの1日当たりアクティブユーザー数(DAU)は28億1000万人に増加。アナリスト予想は27億7000万人だった。同社の株価は時間外取引で一時約2%上昇した。

10-12月売上高は315億ー340億ドルの見通しで、アナリスト予想(348億ドル)を下回った。 7-9月の純利益は91億9000万ドル(1株当たり3.22ドル)に増加。1株利益のアナリスト予想は3.17ドルだった。前年同期の純利益は78億5000万ドル(同2.71ドル)。

フェイスブックは7-9月に144億ドル相当の自社株を購入したとした上で、購入枠を500億ドル引き上げた。

次ページ向こう10年は「メタバース」集中的に取り組む
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT