銀行経由で売りまくる生保会社

フランスのカーディフ、日本市場に旋風

銀行がこのような住宅ローンを販売できるのは、カーディフ生命などが保険引受会社となっているからだ。通常の住宅ローン金利より年0.3~0.5%程度高くなるが、健康に不安のある人は、こうした特約に魅力を感じて検討を始めるという。カーディフ生命の名前を知らなくても、特約付きの住宅ローンを借りたら、実はカーディフ生命の保険に加入していたという人も少なくないかもしれない。

「がんと診断されたら最高1000万円」の保険商品も

カーディフ生命は、「がんと診断されたら最高1000万円を全額一括で支払う」という保険も2012年に発売。昨年、給付額を100万円から設定できるなど商品性を改定し、現在は地銀7行(百十四銀行、八十二銀行、北越銀行、静岡銀行、琉球銀行、武蔵野銀行、千葉興業銀行)で販売している。

カーディフ生命は、すでに販売の大半が銀行経由だ。日本の生保大手4社の一角、明治安田生命は2013年度の個人保険・個人年金保険の保険料等収入2兆3891億円のうち44%が銀行窓販チャネル経由となっている。営業職員チャネルが前年度比9.9%減ったのに対し、銀行窓販チャネルは0.7%増えた。保険販売に占める銀行窓販の重要性は、今後ますます高まっていくだろう。

週刊東洋経済2014年8月30日号(8月25日発売)の特集は「保険のウソとホント」です。
消費増税がじわじわと家計を苦しめる中、消費を手控えるにも限度があります。それよりは保険料を見直すほうが簡単かもしれません。特集では54ページにわたって、その術を徹底伝授します。⇒詳しい目次・購入はこちらから
 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。