食品スーパー、モール悩ます「ウィズコロナ時代」

中間決算会見で各社トップが語った消費の展望

イオンモールの中間決算は前年同期より回復したものの、コロナ禍前の水準には程遠い(記者撮影)

緊急事態宣言が9月末に解除されて2週間余り。2月期決算の多い小売企業では10月以降、3~8月期中間決算の発表が続く。その会見で注目されているのが、経営トップの語る消費動向の展望だ。

「この1年半で人々の行動は変わった。去年の年末などには自粛から解放された行動が見られたが、今はなんとなく出かけるということはなく、一つひとつの行動に意味がある」

全国で大型ショッピングモールを展開するイオンモールの岩村康次社長はそう指摘する。同社でも「何げなくふらりと来店してくれていた人たち」が消えた。今夏の新型コロナ感染拡大の第5波における来店客数は、コロナ禍前の2019年度比で25~35%減となった。

客足の戻りが鈍いイオンモール

10月5日に発表された同社の中間決算は、128億円の最終黒字だった。108億円の最終赤字となった前年同期から回復したとはいえ、コロナ第5波により期初計画を下回った。

宣言発出地域以外でも、外出自粛による消費マインドの冷え込みが見られ、その影響が出た。利益水準は2019年度比で7割超にとどまる。

9月末の宣言解除によって、足元の客足の減少幅は2019年度比で10%以下に戻っているという。感染の再拡大がこのままなければ、衆議院の解散・総選挙に伴い、「政府による開放というか行動規制緩和も大きく進み、人々は着実な消費を取り戻す」と岩村社長はみる。

次ページ買い回り客をどう増やすのか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT