楽天が、全世界27カ国進出、流通総額20兆円のグローバル戦略をぶち上げ


 中国市場では百度と、インドネシア市場ではグローバルメディアコムと、いずれも現地の有力ネット企業と合弁するとはいうものの、ネット通販はゼロからの立ち上げとなる。
 
 欧米ではアマゾン、イーベイなどのグローバルの巨人や現地の流通グループが、中国では、日本のヤフーと提携するアリババグループが立ちはだかる。

いずれも厳しい競争になることが予想されるが、三木谷社長ほか現地のトップは、「日本で成功している楽天のBtoCモデルのノウハウを取り入れることでシナジー効果を出し、成長するネット通販市場を取り込む」と意気込みを語った。
 
 三木谷社長は「楽天は日本企業ちゅうのはやめてグローバル企業になる。本社機能の一部は海外に移転することもある」と強調。そのためにも「楽天社内の英語公用語化を進めている」と語った。
 
 なお、今回の説明会は、質疑応答の一部を除き、英語で行われた。

■業績予想、会社概要はこちら

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。